後冷泉天皇

後冷泉天皇

(一般)
ごれいぜいてんのう

平安時代中期の天皇。
藤原氏(当時の関白は藤原頼通、後に藤原教通)が摂関政治を行った最後の天皇である。
子を残さずに崩御してしまい、次代は藤原氏を外戚に持たない後三条天皇が即位。

新着ブログ: 後冷泉天皇