御三卿

一般

御三卿

ごさんきょう

 徳川幕府8代将吉宗御三家が将軍家との血が疎遠になったことを鑑み、御三家の他に徳川宗家に後嗣なきとき将軍の後継者を提供する役割を負った家系を創設したのが始まり。当主が従三位にのぼり、省の卿の官に任ぜられる例であったから御三卿と呼ばれた。御三家と異なり臣下ではなく将軍の家族との位置づけで、幕府から賄い料10万石が給せられ、家老旗本が出向で勤めた。屋敷は江戸城の城内にあり、屋敷地の地名から各家名がつけられた。

 各家は以下の通り。