御手杵

アート

御手杵

おてぎね

日本の名槍の1つ。戦国時代の刀工である五条義助が鍛えた大身槍である。江戸時代には「西の日本号、東の御手杵」と称されていた。