御諏訪太鼓

音楽

御諏訪太鼓

おすわだいこ

長野県岡谷市を拠点として活動している和太鼓のプロ集団。御諏訪太鼓保存会によって運営される。小口大八宗家としている。複式複打法の組太鼓スタイルの曲を中心として演奏している。

御諏訪太鼓の源流は戦国時代にさかのぼり、武田信玄が戦に際に演奏させた陣太鼓集団の諏訪太鼓二十一人衆を編成させたのが始まりとされる。その後、次第に廃れていったが。小口大八1951年頃に現在の御諏訪太鼓が結成され復活させた。