スマートフォン用の表示で見る

御堂筋

地理

御堂筋

みどうすじ

大阪市内を南北に貫く目抜き通り。「キタ」のJR大阪駅前と「ミナミ」の南海難波駅前の間、約4kmを結ぶ幅員44m、片側6車線の道路。梅田新道交差点より北側は国道176号線、南側は国道25号線に指定されている。

大阪駅に近い梅新南交差点より南側は南行きの一方通行である。地下には大阪市営地下鉄御堂筋線が敷設されている。街路樹イチョウでも有名な、大阪を代表する道路である。

由来

通りの名は沿道に東本願寺西本願寺の別院(御堂)があることに由来する。なお、「筋」は大阪市内の南北の通りに共通の呼称である。

歴史

昭和初期、大阪市長関一の計画のもと、旧来の狭い道が一気に現在の幅まで拡張され、1937年に完成した。この工事は地下鉄の建設(1933年1935年開業)と同時に行われた。自動車時代の到来前、これほど巨大な道路を作ることには批判も大きかったが、関の先見性は後に高く評価されることになる。

沿道の建物は高さ100尺(31m)に制限された。これにより、戦後、ビルが立ち並んだ後は沿道のスカイラインが直線で揃い、非常に整った景観を作り出すことになった。

イベント

1983年に大阪城築城400年を記念して御堂筋パレードが開催され、以後毎年の恒例行事となっている。

新御堂筋

梅新南交差点で北へ分岐する大通りは御堂筋の延長線にあたることから、「新御堂筋」と名づけられている。