御霊信仰

一般

御霊信仰

ごりょうしんこう

日本に古くからある信仰の1つ。人々を脅かすような天災や疫病の発生を、怨みを持って死んだり非業の死を遂げた人間の「怨霊」の仕業と見なして畏怖し、これを鎮めて「御霊」とすることにより祟りを免れ、平穏と繁栄を実現しようとする信仰である。