スマートフォン用の表示で見る

悟浄出世

読書

悟浄出世

ごじょうしゅっせ

中島敦短編小説。人生の意味について悩んだ沙悟浄が、いろいろな妖怪に教えを求めて合いに行くが、確かな答えが得られず、三蔵法師の一行に加わるまでを描く。後編に「悟浄嘆異」がある。