交通安全対策特別交付金

社会

交通安全対策特別交付金

こうつうあんぜえんたいさくとくべつこうふきん

交通安全対策特別交付金は、1968年道路交通法の改正により創設された交通反則通告制度に基づき納付される反則金収入を原資として、地方公共団体が単独で行う道路交通安全施設整備の経費に充てるための財源として交付する特別会計交付税及び譲与税配付金特別会計の勘定の一つ。

交通事故の発生を防止することを目的としている。