スマートフォン用の表示で見る

交通博物館

サイエンス

交通博物館

こうつうはくぶつかん

鉄道を中心に、陸・海・空の乗り物を集めた博物館蒸気機関車の実物などが展示されている。

かつて中央線の始発駅だった万世橋駅の跡地に建っている。秋葉原電気街からも近い。

1921年東京駅北側の高架下に建設された「鉄道博物館」が前身で、現在の場所には1936年に移転した。「交通博物館」の名称になったのは1948年。残念ながら2006年5月14日に万世橋駅跡地での営業を終えた。

その後2007年にさいたま市に移転し、名前も元の「鉄道博物館」に戻る予定である。