交流分析

一般

交流分析

こうりゅうぶんせき

TA(Transactional Analysis)と呼ぶこともある。

アメリカのエリック・バーン博士が創設した、生活の中での、心身の気付き、自律などを求める考え方。


1,ストローク

相手のある言動の全てのありかた。


2,自我状態

しつけ・保護の親(P)

分析する大人(A)

自由・依存の子ども(C)

から得られるエゴグラムより、自分の特性を知る。


3,対話分析

上記の自我状態のどこから発せられた言動かを理解し、適切な対応をする。

4,人生態度

ガッツ石松の『OK牧場』はギャグではない。

自分と他人の関係で、誰を許し、誰を許さないか(卑下や抑圧)によって、対人姿勢を見、相互理解を目指す。


5,人生ゲーム

同じパターンで、対人関係がこじれたことがある!

それは自分が否定的ストロークを出し、仕組んだゲームかもしれない。


6,脚本分析

育つ環境により、脚本を受け取り、この脚本に沿って生きているという考え。