スマートフォン用の表示で見る

光が丘団地

地理

光が丘団地

ひかりがおかだんち

東京都練馬区光が丘の多くの部分を占める集合住宅街の「光が丘パークタウン」。都市再生機構 (UR) と東京都住宅供給公社の分譲・賃貸住宅で構成されている。

もとは成増飛行場という、旧日本陸軍飛行場だった。敗戦後に進駐軍が接収し、昭和23年1948年アメリカ空軍の家族住宅として「グラントハイツ」が跡地に完成。

その後、昭和43年(1968)日米協定で返還が決定し、昭和48年(1973年)全面返還。昭和58年(1983年)敷地の半分を公園とし、他を高層住宅地として開発。住民の入居が始まる。このとき、地域を「光が丘」と命名された。

団地のど真ん中を走る道路は、滑走路の名残。