スマートフォン用の表示で見る

光格天皇

社会

光格天皇

こうかくてんのう

明和8年8月15日(1771年9月23日)〜天保11年11月18日(1840年12月11日)

日本の江戸時代の第119代天皇。諱ははじめ師仁、後に兼仁に改めた。

閑院宮典仁親王(慶光天皇)の第六皇子で安永8年11月25日(1780年1月1日)から文化14年3月22日(1817年5月7日)まで在位していた。