スマートフォン用の表示で見る

光学迷彩

サイエンス

光学迷彩

こうがくめいさい

物体を光学的にカモフラージュするための技術のこと。対象の周囲の光の屈折率を変化させ光学的に観測できないようにする技術または装置。視覚的に物質を透明化する技術。

元は、SF用語であり、「透明人間を実現する技術」として有名になった。

ルーツ

光学迷彩」という名称は、士郎正宗が自身の作品「攻殻機動隊」上で初めて使ったと言われている。攻殻機動隊の世界では、技術が進み赤外線に対してもカモフラージュ効果を発揮する熱光学迷彩が存在する。「光学迷彩」という言葉は、攻殻機動隊が初出ではあるが、今日連想されるものの映像イメージは、映画「プレデター」に負うところが大きい。

研究

現在は、電気・光学・コンピューターなどの分野において実現に向けた研究が成されている。