光顔巍巍

一般

光顔巍巍

こうげんぎぎ

釈尊が『大無量寿経』を説こうとしたとき光顔巍巍としておられるのを阿難が気づいた