光厳院

一般

光厳院

こうごんいん

光厳院政期

後醍醐天皇によって廃位にされてしまったが、天皇に反旗を翻し大義名分を欲した足利尊氏によって擁立される。

尊氏南朝方を破って京に上ると同母弟・光明天皇皇位につけ院政を開始し、崇光天皇の代まで治天の君として政治を行う。

しかし、観応の擾乱の折、正平一統尊氏南朝方と和睦してしまい光厳上皇による院政は停止。その後、正平一統が破談となった時に足利義詮らに取り残され5年ほど南朝方に軟禁される。

*1北朝断絶の危機につき非皇族が代理。