スマートフォン用の表示で見る

光源氏

読書

光源氏

ひかるげんじ

源氏物語の主人公。光君。源氏の君。源氏の大将。

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺の更衣(こうい)。

桐壺帝の寵愛を一身に受けるも、母親の身分が低いため皇太子にはなれず臣籍降下源氏を賜る。

が、臣下となったことにより身が楽になり奔放な恋愛ができたと言える。