スマートフォン用の表示で見る

光森忠勝

アート

光森忠勝

みつもりただかつ

評論家。1943年満洲・安東(現・旦東)市生まれ。高校まで大分県湯平村(現・由布市湯布院町)在住。慶應義塾大学法学部卒。週刊誌記者を経てフリー。長編記録映画『東京裁判』(小林正樹監督)の制作進行を担当。歌舞伎など古典芸能芸能分野と森田療法や身体性の医学などをテーマに雑誌に取材・執筆。2003年『伝統芸能に学ぶ』で大衆文学研究賞受賞。

著書