公益法人認定法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律

こうえきしゃだんほうじんおよびこうえきざいだんほうじんのにんてい

日本の法律

(平成十八年六月二日法律第四十九号)

公益目的事業を行う 一般社団法人 または 一般財団法人 は、行政庁の認定を受ければ、公益社団法人 または 公益財団法人 となる。

   第一章 総則

第一条
この法律は、内外の社会経済情勢の変化に伴い、民間の団体が自発的に行う公益を目的とする事業の実施が公益の増進のために重要となっていることにかんがみ、当該事業を適正に実施し得る公益法人を認定する制度を設けるとともに、公益法人による当該事業の適正な実施を確保するための措置等を定め、もって公益の増進及び活力ある社会の実現に資することを目的とする。


以下、略