公益法人制度改革

社会

公益法人制度改革

こうえきほうじんせいどかいかく

公益法人制度改革とは、2000年から2008年にかけて行なわれた公益法人制度に関する制度改革のこと。

民間非営利部門の活動の健全な発展を促進し、従来の公益法人制度に見られる様々な問題に対応するため、従来の主務官庁による公益法人設立許可制度を改め、登記のみで法人設立できる制度を創設する*1とともに、そのうちの公益目的事業を行うことを主たる目的とする法人については、民間有識者による委員会の意見に基づき、公益法人に認定する制度を創設した*2