公現祭

社会

公現祭

こうげんさい

キリスト教の祝日。英語でEpiphanyエピファニー

イエス・キリストの顕現を記念する祝日。

イエスの顕現を祝って東方の三博士がお祝いを持ってたどり着いた日。

顕現日(けんげんび)、顕現節(けんげんせつ)、主顕節(しゅけんせつ)などとも呼ばれる。

フランスガレット・デ・ロワなど、ヨーロッパなどカトリック信仰が盛んな地域では豆や小さな人形、貴金属などを入れて焼いたケーキや菓子パンを切り分け、この豆などが当たった人をその日だけ王とする習慣がある。