公爵家

社会

公爵家

こうしゃくけ

爵位を持つ家門のこと。

以下のようなものがある。

連合王国(イギリス)

できあがった経緯は複雑なので省略する。以下の各家が連合王国における公爵位を持っている。*1

原則として領地名=爵位名であり、名字(家名)と爵位名が一致しないのが常態である。

そういうわけで、リッチモンドハミルトン、バクルーはいずれも複数の公爵位を持つが、面倒なのでまとめて書いてある。例えばダグラス-ハミルトン家はハミルトン爵位とブランドン公爵位の二つを持っているのであって、「ハミルトン・アンド・ブランドン」という名前の公爵なわけではない。


公爵名(カナ)創設年名字
Duke of Norfolkノーフォーク公爵1514年Fitzalan-Howard
Duke of Somersetサマセット公爵1547年Seymour
Duke of Richmond, Lennox, and Gordonリッチモンド公爵1675年Gordon-Lennox
Duke of Graftonグラフトン公爵1675年FitzRoy
Duke of Beaufortボーフォート公爵1682年Somerset
Duke of St Albansセント・オールバーンズ公爵1684年Beauclerk
Duke of Bedfordベドフォード公爵1694年Russell
Duke of Devonshireデボンシャー公爵1694年Cavendish
Duke of Marlboroughマールボロ公爵1702年Spencer-Churchill
Duke of Rutlandラトランド公爵1703年Manners
Duke of Hamilton and Brandonハミルトン公爵1654年Douglas-Hamilton
Duke of Buccleuch and Queensberryバクルー公爵1663年Montagu-Douglas-Scott
Duke of Argyllアーガイル公爵1701年Campbell
Duke of Athollアソール公爵1703年Murray
Duke of Montroseモントローズ公爵1707年Graham
Duke of Roxburgheロクスバラ公爵1707年Innes-Ker
Duke of Manchesterマンチェスター公爵1719年Montagu
Duke of Northumberlandノーザンバーランド公爵1766年Percy
Duke of Leinsterラインスター公爵1766年FitzGerald
Duke of Abercornアバコーン公爵1868年Hamilton
Duke of Wellingtonウェリントン公爵1814年Wellesley
Duke of Sutherlandサザーランド公爵1831年Egerton
Duke of Westminsterウェストミンスター公爵1874年Grosvenor
Duke of Fifeファイフ公爵1900年Carnegie

日本

明治期に制定された華族制度は公侯伯子男の5段階からなり、敗戦後に廃止されるまで存続した。

爵位は、武家の最上位(将軍家)、公家の最上位(五摂家)、元勲(国家に特に大きな貢献を果たした人物)に対して与えられた。明治維新論功行賞としての側面があったため、維新に貢献した薩長藩主*2公家三条実美*3らにもアップグレードして公爵位が与えられている。


名字初代事由
一条一条実輝公家五摂家
伊藤伊藤博文元勲
岩倉岩倉具定公家羽林家、元勲岩倉具視の子
大山大山巌元勲
桂太郎元勲
九条九条道孝公家五摂家
近衛近衛篤麿公家五摂家
西園寺西園寺公望 公家清華家、元勲
三条三条実美公家清華家、元勲
島津島津忠義武家鹿児島
島津島津久光武家鹿児島
鷹司鷹司煕通公家五摂家
徳川徳川篤敬武家水戸徳川家
徳川徳川家達武家、将軍家
徳川徳川慶喜武家、将軍家
徳大寺徳大寺実則 公家清華家、元勲
二条二条基弘公家五摂家
松方松方正義元勲
毛利毛利元徳武家、山口藩
山県山県有朋元勲

*1:他、グロチェスター、ケント、エジンバラヨークの各公爵位を持つ王族がおり、これは大雑把に言えば(厳密には異なる)日本の宮家のような存在である。

*2:大藩藩主なので本来は侯爵相当

*3清華家なので本来は侯爵相当