公衆接遇弁償費

一般

公衆接遇弁償費

こうしゅうせつぐうべんしょうひ

財布を落とすなどした人が、警察から現金を借りることができる制度のこと。

1960年代に始まった制度で、名前や住所などを記載すると上限千円以内で現金を借りることができる。