公孫サン からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

公孫瓚

こうそんさん

字は伯珪。後漢末(広義の三国時代)の英雄。(?〜199)北平太守を務める。

精鋭隊の白馬義従を従え、異民族に恐れられた。

若い頃は劉備と共に盧植のもとで軍学を学んでいたため、劉備とは親交があった。

董卓連合軍解散後は、冀州をめぐって袁紹と対立するが敗北してしまい、最終的には家族を殺して自害した。

リスト::三国志関連