公孫越

社会

公孫越

こうそんえつ

公孫越(こうそんえつ、生年不詳〜191年)公孫瓚の従弟にあたり公孫瓚に仕えた。

袁紹と対抗していた公孫瓚袁術と盟を結ぶため公孫越袁術のもとへ派遣した。公孫越はそのまま袁術のもとに留まり袁術の命を受け袁紹配下の周昂と戦ったが、流れ矢に当たり戦死した。

三国志演義では、公孫越公孫瓚の弟として登場する。冀州の支配権を巡り公孫越袁紹のもとへ使者として赴いた。役目を終え公孫瓚のもとへ戻る途中、袁紹により暗殺された。