スマートフォン用の表示で見る

公孫度

社会

公孫度

こうそんど

公孫度(こうそんど、生年不詳〜204年)字を升済、初名を豹といった。後漢の遼東太守。

父の公孫延が官吏として仕えていた玄菟郡の太守公孫某の早死した子の名が公孫度の初名と同じ豹だったという理由でかわいがられたその援助で学問を学んだ。

董卓が実権を握ると、同郷の友人徐栄の推薦で遼東太守に任じられた。太守に任じられると、自分の出自を軽んじる名族を次々と処刑し、百余りの家を潰した。

董卓が死んだ後は、独立国的な体制をとり、襄平の名門を潰し、地盤を固めた。その一方、烏丸高句麗討伐で功績を挙げる。この功績を曹操は推賞し、高い地位を与えたが、その地位に不満だったため、遼東王を自称した。