公団

社会

公団

こうだん

終戦後の日本において、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の意向を受け、行政機関の一部として設立された公法人をいう。その後、占領期を脱すると、行政機関の一部としての性格から切り離され、公社に近似した公法人となった。2001年(平成13年)12月に策定された特殊法人等整理合理化計画にもとづき、すべての公団が独立行政法人あるいは特殊会社株式会社)に改組されることとなり、2005年(平成17年)10月の道路四公団(日本道路公団首都高速道路公団阪神高速道路公団本州四国連絡橋公団)の分割・民営化を最後に、「公団」は消滅し、現存しない法人形態となった。

改組・廃止された公団