公文書管理法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

公文書等の管理に関する法律

こうぶんしょとうのかんりにかんするほうりつ

日本の法律

(平成二十一年七月一日法律第六十六号)

(目的)

第一条
この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ、国民主権理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史公文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。


以下、略