スマートフォン用の表示で見る

口語体

読書

口語体

こうごたい

口語で話される口調をそのまま活かして書かれる文章。またはそのような文体。

典型的な例で言えば、漫画・ゲーム中の台詞や、ライトノベルなどの小説の台詞部分がそれ。

ただし、口語の口調や発音を完全に文章として書き記す事は不可能であるし、喋った通りの内容をそのまま文章にしてみても発言の内容が前後したり話題があちこちに飛んだりする場合が多いため、あとから読みやすくするために文意を変えない程度に、内容に応じて文章を要約・あるいは編集することが多い。