向原祥隆

読書

向原祥隆

むこはらよしたか

南方新社鹿児島市の出版社)の代表。

京大卒。94年春に、東京の勤めを辞めて帰郷し、南方新社創設。最初の出版は、『滅びゆく鹿児島』。環境汚染原発立地、男尊女卑風土。保守的な風土の中で語られなかった地域のタブーに切り込んだ。99年に出した『琉球弧・野山の花』は、1万7千部の大ヒットとなった。

地域と住民をキーワードにしていくと、原発問題、干潟の埋め立て問題から、奄美大島さらに琉球へと出版の題材は広がる。ついには2001年に『クルドクルディスタン』まで出版した。

地域と出版―南方新社の十年を巡って

地域と出版―南方新社の十年を巡って