スマートフォン用の表示で見る

向日市

地理

向日市

むこうし

京都府向日市は、京都府南西部に位置する地方公共団体

面積は7.67km²、人口は53,576人*1で、日本全国の市の中では、埼玉県蕨市東京都狛江市に次いで3番目に面積が小さい。南は長岡京市、その他三方は京都市と境を接する。

西暦784年に開かれた長岡京は、大極殿など主要部を現在の向日市内に置いていた。

現在は京都大阪ベッドタウンになっている。

沿革

1889年4月1日、町村制施行に伴い乙訓郡向日町(むこうちょう)が物集女村、寺戸村、森本村、鶏冠井村、上植野村と合併し、新たに向日町として町制を施行。

1972年10月1日、市制施行し、向日市となる。

*1:2013年12月1日現在