スマートフォン用の表示で見る

孔融

一般

孔融

こうゆう

後漢時代の君主。字は文挙(153-208)。孔子の20代目の子孫にあたり、北海太守を務めていた。

太史慈の母が世話になった縁で、太史慈を客将として迎えていたこともあった。

リスト::三国志関連