スマートフォン用の表示で見る

工作舎

読書

工作舎

こうさくしゃ

出版社の一つ。1971年松岡正剛が創業。

1971年代〜1982年に刊行されていた雑誌『遊』は、従来の教養を否定する「オルタネィティブな知」を提唱し、松岡のカリスマ性もあり、当時の若者たちに大きな影響を与えた。

1982年に『遊』休刊、そして松岡が退社した後は、わりと普通の「いい出版社」に。


*リスト::出版社


オデッセイ1971‐2001―工作舎アンソロジー

オデッセイ1971‐2001―工作舎アンソロジー