スマートフォン用の表示で見る

幸田露伴

読書

幸田露伴

こうだろはん

1867年生まれ、1947年没。

小説家尾崎紅葉と並び称されることが多い。また、尾崎紅葉坪内逍遥森鴎外と並んで「紅露逍鴎」時代を築き上げた。

本名は成行(しげゆき)。別号は蝸牛庵。江戸下谷生れ。

東京英学校中退。逓信省電信修技校卒。西鶴などの江戸文学に親しんで作家を志した。儒教仏教道教に造詣が深く、東洋的精神主義神秘主義のからまった浪漫的作品が多く、理想主義的傾向をもつ擬古典派に属する。

小説『五重塔』『連環記』、史伝『運命』『頼朝』『蒲生氏郷』『平将門』、戯曲『名和長年』、長編詩集『出廬』、古典研究『芭蕉七部集評釈』、紀行・随筆『枕頭山水』など著作多数。『露伴全集』41巻がある。

幸田文(あや)は娘。幸田成友は弟。