広岡達朗

スポーツ

広岡達朗

ひろおかたつろう

プロ野球選手・指導者・解説者。正字は「廣岡達朗」。

右投右打、ポジションは遊撃手。現役時代の背番号は2番。

1932年2月9日生まれ。広島県出身。

呉三津田高校から早稲田大学を経て1954年、読売ジャイアンツに入団。

1年目より一軍に定着。名遊撃手としてジャイアンツ黄金時代に貢献。

1966年川上哲治との確執や球団の体質批判により、現役引退。

1970年根本陸夫に師事し、広島東洋カープのコーチに就任。

1971年退団。

1974年、ヤクルトスワローズのコーチに就任。

1977年、監督に昇格。

1978年、大杉勝男若松勉松岡弘らと共にチームを初のセ・リーグ優勝及び日本一に導く。

1979年、最下位に沈み、監督を辞任。


1982年根本陸夫の後を受け、西武ライオンズの2代目監督に就任。

管理野球西武ライオンズ黄金時代を確立。

1985年日本シリーズで初めて敗れ、監督を退任。後任を森祇晶に譲る。

退団後は、TBS野球解説者を務める。


1992年、野球殿堂入り。


1995年、千葉ロッテマリーンズで日本プロ野球界初のゼネラルマネージャーに就任。

ボビー・バレンタインを招聘した。

1996年、退団。


現在はRFラジオ日本野球解説者。日本プロ野球OBクラブ会長。

日本のプロ野球界で唯一、名指導者で迷解説者である。


兄は広岡富夫