広告人

一般

広告人

こうこくじん

日本においてはデヴィット・オグルヴィ作「ある広告人の告白」で一般化した呼称。

広告を売る人で多少意識過剰な人が、自分のプライドと若干の斜め目線でこう名乗る。