スマートフォン用の表示で見る

広瀬宰

スポーツ

広瀬宰

ひろせおさむ

70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は1→2→7→67番。

1947年2月20日生まれ。大分県出身。

豊南高校から東京農業大学を経て1969年ドラフト2位でロッテオリオンズに入団。

1年目より一軍に定着。

1973年、江島巧?との交換トレードで、中日ドラゴンズに移籍。

遊撃手の定位置を獲得し、1974年、リーグ優勝に貢献した。

守備範囲の広さで知られた。


1976年梅田邦三との2対1の交換トレードで、坪井新三郎と共に太平洋クラブライオンズに移籍。

ライオンズでも遊撃手として活躍。

1980年以降、石毛宏典の台頭により控えに回る。


1981年、現役引退しフロント入り。編成担当・スコアラーとなる。


1996年、西武ライオンズのコーチに就任し、現場復帰。

同年、フロントに復帰。編成担当となる。


1999年9月9日、腎不全のため、東京都葛飾区内の病院で逝去。