スマートフォン用の表示で見る

広瀬叔功

スポーツ

広瀬叔功

ひろせよしのり

プロ野球南海ホークスの選手・監督。通称「チョロ」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は12番。

1936年8月27日生まれ。広島県出身。

大竹高から1955年南海ホークス投手として入団するが、鶴岡一人監督の勧めにより外野手に転向。

3年目の1957年中堅手として定着。10年連続二2桁盗塁

1961年、42盗塁で初の盗塁王に輝くと、それから5年連続盗塁王1964年には、首位打者獲得。

1960年代パ・リーグを代表する外野手であり、俊足、好守で鳴らした。

杉浦忠皆川睦雄野村克也らと共にホークスを支え、黄金時代に大きく貢献した。

1963年の676打席、626打数は共に日本記録。外野手として年間353守備機会の日本記録。

1964年、31連続盗塁成功の日本プロ野球記録達成。

1971年9月19日、外野手として1試合10守備機会・1試合10刺殺のパ・リーグ記録。


1977年、現役引退。生涯盗塁数596は福本豊に更新されるまでプロ野球記録であり、現在も史上2位である。

盗塁成功率は日本プロ野球1位。

1978年、南海ホークスの監督に就任。1980年、退団。

1991年福岡ダイエーホークスの守備走塁コーチとして古巣復帰、佐々木誠大野久、湯上谷隼屬魄蕕討拭

1992年、退団。


現在はNHK広島放送局野球解説者の側ら、マスターズリーグ大阪ロマンズのコーチとして活躍。