スマートフォン用の表示で見る

広瀬武夫

一般

広瀬武夫

ひろせたけお

大分県出身、

ロシア駐在武官を経て、日露戦争時、戦艦朝日の水雷長。

第二次旅順閉塞に参加、作戦中に戦死、死後、中佐。

日露戦争最初の「軍神」となり、広瀬神社に祭られる。