スマートフォン用の表示で見る

広島市民球場

スポーツ

広島市民球場

ひろしましみんきゅうじょう

旧広島市民球場(所在地:広島市中区基町)“広島市民球場(初代)”

広島市中区にある野球場。プロ野球広島東洋カープの本拠地だった。

1957年昭和32年)完成。広島市の中心部にあり、交通の便に恵まれている。2009年度から“新広島市民球場”がオープンするため、2008年度をもって、広島東洋カープの本拠地としての役割を終えた。

2009年3月
新広島市民球場”が天然芝養生のため、アマチュア野球などでの利用が制限される事、また、跡地利用計画がまとまっていない事もあり、2010年3月31日まで*1最低限の設備を残した形で運営される。
2009年4月 1日
2009年3月広島市定例市議会で審議された条例の改正により、名称が“広島市民球場”から“旧広島市民球場”に名称が変更された。
詳細 → 旧広島市民球場

広島市民球場(2代)(所在地:広島市南区南蟹屋2丁目)“新広島市民球場”

広島市南区の旧JR貨物ヤード(操車場)跡地に建設した野球場。 設計段階では“広島市新球場(仮称)”との名前だったが、その後“新広島市民球場”が正式名称になる。
2009年3月28日
完成式。
2009年4月 1日
2009年3月広島市定例市議会で審議された条例の改正により、名称が“広島市民球場”となり、広島市中区にある“旧広島市民球場”の名前を引き継いだ。
2009年4月 1日
命名権の導入により、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(略称:マツダスタジアム)が愛称として使用される。
2009年4月10日
地元広島でのプロ野球公式戦の開幕。 広島東洋カープ中日ドラゴンズ の試合がおこなわれ“3-11”で、中日ドラゴンズが勝利した。
新広島市民球場
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(略称:マツダスタジアム
※ 掲載した画像は“広島市民球場(2代)”に掲げられている正式名称の看板

*1:2009年3月時点では「旧広島市民球場の利用予定は2009年10月まで」とされていたが延長された。