広島電鉄650形電車

一般

広島電鉄650形電車

ひろしまでんてつろっぴゃくごじゅ

広島電鉄(単車)(通称:被爆電車)

  • 651号車
  • 652号車
  • 653号車(休車)
1942年
5両製造された。
1945年8月6日
原子爆弾の投下により被爆したが、651号車〜654号車の4両は1946年3月までに復旧した。被害程度が大きかった655号車の復旧は1948年11月までかかった。
1953年
低床化された。
1967年
事故により655号車は大破し、廃車された。
1975年
残る651号車〜654号車の4両はワンマン化改造がおこなわれ、最後部扉が締切となり座席が延長された。
1982年
方向幕の電動大型化改造と入念な車両整備がされた。
1986年
冷房装置が取り付けられた。
2006年
ダイヤ改正により653号車は江波車庫に休車扱いで保管。654号車は除籍され広島市交通科学館で静態展示される。
2008年夏頃
休車していた653号車は広島県交通系ICカードPASPY工事の予備車として運行を再開。
2009年2月末
653号車は2009年3月1日からの広島電鉄市内線へのPASPY導入により、休車扱いに戻る。
2009年3月
651号車、652号車が営業運転を続けている。

リスト::広島電鉄の車両