広島電鉄700形電車

一般

広島電鉄700形電車

ひろしまでんてつななひゃくかたで

広島電鉄(単車)(2代)

吊り掛け式
1982年6月竣工
  • 701号車
  • 702号車
  • 703号車
  • 704号車
吊り掛け式
1983年11月竣工
  • 705号車
  • 706号車
  • 707号車
平行カルダン式
1985年7月竣工
  • 711号車
  • 712号車
  • 713号車
  • 714号車

老朽化した広島電鉄750形電車の内“旧大阪市電の元1601形(1600形)”を置き換えるため、車体・台車は広島電鉄3500形電車のスタイルを取り入れ、広島電鉄750形電車の機器類で流用できる物を用い、広島電鉄市内線(軌道用)車両としては24年ぶりとなる1982年に701号車〜704号車まで新造された。

1983年竣工の705号車〜707号車は方向幕が拡大されている。

1985年に製造された711号車〜714号車については平行カルダン式に改められ、モーターを含めて新製された。

七夕シーズンには705号と707号は「ひこぼし号」「おりひめ号」として運行される。

リスト::広島電鉄の車両