スマートフォン用の表示で見る

庚申信仰

読書

庚申信仰

こうしんしんこう

 陰陽五行論干支の考え方が存在していたころ、*1「庚申(こうしん かのえさる)」の日は、体内に巣食う「三尸虫(さんしちゅう)」が悪行を暴きに天に上るのでそうさせぬよう夜を徹して騒いだという儀礼をおこなった。

*1十干十二支の組み合わせは甲子から数えて癸亥まで60パターンあるので60日ごとに同じ組み合わせが来ることになる