スマートフォン用の表示で見る

弘田澄男

スポーツ

弘田澄男

ひろたすみお

プロ野球選手・コーチ。

右投右打、ポジションは外野手背番号は3→1番。

1949年5月13日生まれ。高知県出身。

高知高校夏の甲子園に出場。

卒業後、四国銀行で活躍。丸善石油へ補強選手として都市対抗野球に出場。

1971年ドラフト3位でロッテオリオンズに入団。

1年目より不動の1番打者、バントの名手として活躍。

1974年、リードオフマンとしてリーグ優勝に貢献。日本シリーズではMVPを獲得、日本一に貢献した。

1984年、藤倉多祐?との交換トレードで阪神タイガースに移籍。

北村照文吉竹春樹と併用で出場。

1985年、2番打者として新ダイナマイト打線を支え、阪神タイガースセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

1987年、引退表明も、撤回。選手兼任コーチとなる。

翌1988年、現役引退。


1989年、タイガースの外野守備・走塁コーチに就任。1990年、打撃コーチ、1991年には外野守備・走塁コーチに転じる。

1992年、横浜大洋ホエールズの一軍外野守備・走塁コーチに就任。

引き続き横浜ベイスターズでも務め、球界屈指のセンターラインを築き上げる。


1998年、読売ジャイアンツの一軍守備・走塁コーチに就任。

2002年、CS野球解説者を務める。また、マスターズリーグ東京ドリームスの選手としても活躍。

2004年、巨人に復帰し一軍外野守備・走塁コーチに就任。


2006年、WBC日本代表の外野守備・走塁コーチに就任。

プロ野球ニュースの解説者としても活躍。


2007年、横浜ベイスターズヘッドコーチ兼任打撃コーチに就任。