スマートフォン用の表示で見る

弘南鉄道

地理

弘南鉄道

こうなんてつどう

弘南鉄道は、青森県平川市に本社を置き、青森県弘前市を中心とする地域に2路線を持つ中小私鉄

路線

弘南線弘前駅(JR弘前駅並設)と大鰐線中央弘前駅とは直線距離で1kmほど離れており、両線は接続していない。*1

また、特定地方交通線に指定された旧国鉄黒石線(黒石〜川部)を1984年に引き受けて運行させていたが、1998年3月31日限りで廃止した。

接続路線

弘南線弘前駅
JR奥羽線
大鰐線中央弘前駅
JR奥羽線弘前駅より徒歩20分
大鰐線大鰐駅
JR奥羽線(大鰐温泉駅)

沿革

1926年3月27日、弘南鉄道設立

1927年9月7日、弘前~津軽尾上間を開業。

1931年6月24日、バス事業に参入。

1941年4月17日、バス部門弘前乗合自動車(弘南バスの前身)に分社。

1948年7月1日、全線電化(直流600ボルト)。

1949年7月25日、弘前電気鉄道設立

1950年7月1日、津軽尾上~弘南黒石(現在の黒石)間が開業し全通。

1954年4月1日、全線750ボルトに昇圧。

1952年1月26日、弘前電気鉄道大鰐~中央弘前間を開業。

1961年9月1日、全線1500ボルトに昇圧。

1970年10月1日、弘前電気鉄道が経営権を弘南鉄道譲渡大鰐~中央弘前間を大鰐線とする。

1984年11月1日、国鉄黒石線川部~黒石間を譲り受け、黒石線として開業。

1998年4月1日、黒石線廃止。

主要株主*2

  • 中村勝治 3.8%
  • 西谷嘉一 2.7%
  • 西谷サツ 2.6%
  • 土田忠 2.5%
  • 阿部秀明 2.1%
  • 葛西淳乃 1.8%

*1大鰐線三菱電機傘下の「弘前電気鉄道」として建設された経緯があるため

*22015年3月31日現在