恒常所得仮説

一般

恒常所得仮説

こうじょうしょとくかせつ

フリードマンが主張した、消費と所得の関係についての仮説。

現在所得を恒常所得と変動所得にわけ、消費は恒常所得に依存するものとした。