スマートフォン用の表示で見る

恒良親王

社会

恒良親王

つねよししんのう

正中元年(1324年)〜延元3年/建武5年4月13日(1338年5月3日)

日本の皇族後醍醐天皇の皇子。

後醍醐天皇足利尊氏との内戦の中で、後醍醐天皇から皇位三種の神器を譲られ一時的に天皇なった。しかし、後に京を脱出した後醍醐天皇が吉野で南朝を開いた事により、恒良親王皇位は無意味となり、恒良親王は歴代天皇には数えられていない。