拘束型心筋症

サイエンス

拘束型心筋症

こうそくがたしんきんしょう

心筋症の一つで、心室の拡張や肥大はなく、心筋の収縮力も正常であるのに、心室の筋肉が硬くなり、拡張不全になること。進行すると心不全不整脈・塞栓症などが起こる可能性がある。