杭瀬川の戦い

社会

杭瀬川の戦い

くぜがわのたたかい

杭瀬川の戦い(くぜがわのたたかい)

1600年、西軍拠点大垣城と東軍拠点岡山の中間を流れる杭瀬川で起った関ヶ原の戦い前哨戦。東軍は、島左近の計略にはまり苦戦に陥り撤退。局地戦であったが、この勝利によって西軍の士気は上がった。西軍唯一の勝ち戦でもあった。