構造力学

サイエンス

構造力学

こうぞうりきがく

構造物に作用する応力や、それによって生じる変位を解析するための力学

土木工学建築学・航空工学・農業工学などの基礎学問。

構造力学は、レオナルド・ダ・ヴィンチガリレオ・ガリレイにより体系化が進んだ。その後、ロバート・フックがフックの法則を発見したことなどにより、構造物の支配方程式の定式化が行われた。19世紀以降は構造解析法が急速に発展し、複雑かつ大規模な構造物の建造が可能になった。