江ぐち

江ぐち

えぐち

東京三鷹駅前にある、安くてうまいのに、行列もできずにフラリと入って気軽に楽しく食べれるラーメン屋さん。

久住昌之の単独著書の処女作『小説 中華そば江ぐち」』(新潮OH文庫)は、この店の20年前が舞台。